みやぎ震災復興研究センター

10年検証ブレスト(第34回)を開催しました

 東日本大震災による巨大津波で深刻な被害を受けた石巻中心市街地では,地権者,地元商業者らが,多くのボランティア,専門家らの支援を受けながら,まちなか再生のために奮闘してきました。しかし12年を経ようとしている今日でも,手付かずとなっている再開発用地も散見され,未だ復興は道半ばの状況にあります。
 日常消費の中心が蛇田地区の新市街地にシフトしている中で,中心市街地復興の現状をどのように認識し,将来展望をどこに見出すのか,発災後,同地区の復興支援と調査・研究に深く関わってきた姥浦道生さんに話題提供をいただき,ディスカッションを行いました。

 今回のブレストも,会員以外の方へも公開し,本会ホームページ上で申し込みを受けました。

震災復興10年検証枠組み検討ブレスト(第34回)
日時:2023年2月12日(日)13:00〜15:30
場所:東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター
開催方法:オンライン併用
報告者:姥浦道生さん(東北大学大学院教授)
テーマ:「石巻中心市街地復興の現状と将来展望」

コメントする