みやぎ震災復興研究センター

石川県創造的復興プラン(仮称)のパブコメに関する情報

石川県創造的復興プラン(仮称)は現在開会中の本年度第2回定例会で質疑が行われるとのこと。 その後のプランの取り扱いについて石川県創造的復興推進課に照会したところ、「のと未来トークで県民の声を聞いてまとめてきた経過もあり、 […]

『石川県創造的復興プラン(仮称)』で今脅かされる被災者の命とくらしは守れない

 『石川県創造的復興プラン(仮称)』(復興プラン)案は,杜撰で惨事便乗色が強かった骨子案から改善された印象を受ける。しかし,被災者の多くが,今,命とくらし,人権を脅かされたままなのに,復興プランは,被災者の命・くらし・人権を守ることを最優先しようという意思をしめしていない。
 罹災証明で被災者を仕分けする差別・分断する支援ではなく,包摂的支援で,今脅かされている命やくらし,人権を守る支援への転換を希求したい。

「戦雲(いくさふむ)」を観て能登地震復興の行く末を憂う

 三上智恵監督「戦雲(いくさふむ)」を観た。国境の島々で進むミサイル基地化。いざというとき自衛隊は島民を守らない。そして,石川県馳知事は能登地震被災地の「国防一体型復興」を唱える。それが復興計画に盛り込まれれば,被災地,被災者は一層深刻に引き裂かれる。志賀原発が標的とされる危険をおして,被災者を国防の盾にしてはならない!

1 2