みやぎ震災復興研究センター

震災10年検証ブレスト(第26回)を開催します。一般参加も可能です。

震災復興10年検証枠組み検討ブレスト(第26回)
日時:2021年11月26日(金)18:00〜20:00
開催方法:オンライン
報告者:阿部晃成会員  コメンテータ:松原久会員
テーマ:「旧雄勝町の復興まちづくりのプロセスで何が起きていたのか」

 東日本大震災で甚大な被害を受けた旧雄勝町では,建設型仮設住宅のほとんどが旧雄勝町外に供給され,みなし仮設住宅として利用可能な民間賃貸住宅も極めて限られていたために,被災世帯の大半が地区外避難を余儀なくされました。それらの人々が戻ることのできる「迅速」な復興を目指して,地区住民代表らが参加する「震災復興まちづくり協議会」(復興まち協)が組織されて復興まちづくりに取り組みましたが,結果的に人々が戻ることが叶わず,人口減少とコミュニティの弱体化に苦しむことになりました。
 「人々が戻ることのできる」復興まちづくりが実現できなかったのはなぜか,どこに問題があったのか,復興まちづくりのあるべき姿はなど,復興まち協に参加して献身的に取り組んできた阿部晃成会員にご報告いただきディスカッションしたいと思います。
 また,研究者として復興まち協をフォローしてきた松原久会員に,コメントをしていただきます。

ブレストに関連する内容の報道番組が2020年3月10日に関西テレビで放映され,ウェブ公開されています。以下のURLでご覧いただけます。

https://www.ktv.jp/news/feature/20200309/

 今回のブレストは,みやぎ震災研メンバー以外の方にも公開します。参加をご希望の方は,「お問い合わせ」ページから,お申し込みください(下に表示のボタンをクリックすると「お問い合わせ」ページへ移動します)。参加費は不要です。資料,Zoom招待状等をメールで配信します。

  • お名前,メールアドレスは必ずご記入ください。
  • 件名(Topic)には,「ブレスト参加希望」とご記入ください。
  • メッセージ欄には,「ブレスト(第26回)への参加を希望します。」とご記入の上,御所属や関心分野等についてご記入いただければ幸いです。

 なお,第27回(12月中旬を予定)は,雄勝地区で新たな視点でコミュニティビジネスに取り組みながら地区再生に活躍されている徳水博志会員に,さまざまな制約を乗り越えて再生を進める展望について報告いただき,ディスカッションをしたいと考えています。

コメントする