みやぎ震災復興研究センター

第一回例会と震災復興10年検証枠組み検討ブレスト(第17回)を合併して開催しました。

日程:2020年11月14日(土)14:00〜16:30
場所:仙台市戦災復興記念館4回研修室
テーマ「復興構想会議とは何だったのか」
定員:20名(+パネラーと会場スタッフ)+オンライン開催

 河北新報のシリーズ記事「東日本大震災10年”復興再考”・構想会議」をベースに意見交換し,震災復興10年検証における国の復興戦略,復興構想会議の役割と評価,復興戦略を定める過程で果たした有識者,知事らの役割,国と地方の関係,将来へ引き継ぐべき教訓等について,検証の指針となるキーワード,ヒント等を引き出し,整理するための材料を得る機会としなりました。

 本会会員である河北新報社報道部記者,高橋鉄男氏と坂井直人氏に,シリーズ記事企画のねらいや取材を通して感じたことなど話題提供をいただたのち,小川監事,千葉理事,中嶋理事,阿部理事,増田理事がパネラーとしてフロアから質疑を行いました。来場された参加者の方も参加して熱のこもったディスカッションが展開されました。

コメントする